<8ボールのルール>
大会当日にルールがあやふやですと進行が大幅に遅れる可能性があるため、一度ゲームをやっておいていただけると助かります。
質問・指摘は随時受け付けております。


【1】おおざっぱなルール
1〜7番のローボールor9〜15番のハイボールを入れ終わってから、指定したポケットに8番を落としたプレイヤーが勝ち。
ショット時、最初に自分のグループボールもしくは狙っていい時に8番に当たらなかったらファール。
自分の球と相手の球のダブルインは、ファールではありません。

<オールサークル独自ルール>
(1)通常の8ボールのルールにある「即負け」は、一切採用なし
(2)ファール時は、完全フリーボール
(3)8番は、全クラスコールショット
(4)A級・プロは、グループボールも全球コールショット
→ペアマッチ時は、A級・プロとペアを組んでいる人も全球コールショット
(5)コールショットが必要な際のフロックは、現状にてプレイヤー交代
→8番コール時に自分のグループボールをフロックした場合は、現状にてプレイヤー交代
(6)ポケットインや場外した的玉は、ファール・フロックに関わらず、8番以外はフットアップしない
(7)どんな状況であれ、8番のノーコール・インは現状交代
(8)スリーファールなし

その他詳細は、下記をご参照くださいませ(・∀・)

【2】ゲーム内容
使用する球 1〜15番の的球と、手球
ラック 15個を正三角形にセット/1番が頭/8番が中心/底辺の角が2番と15番
ゲームボール 8番(黒)
グループボール ローボール→8番より小さい番号(1〜7番・単色)
ハイボール→8番より大きい番号(9〜15番・2色)

(1)自分のグループボールのうちハンデ分の球数を入れた後、8ボールを指定したポケットに入れた者がそのゲームの勝者となります。

(2)コールショット(ポケット指定・セーフティ宣言)が必要な球
   ・8番(全クラス)
   ・全球(A級・プロ)

   ※ノーコール・イン
   → 指定したポケットと違うポケットに入ることや、セーフティコール時のポケットインをいう
   → セーフプレーの場合、現状交代
   → 本来の8ボールには「即負け」の状況がありますが、本大会では「即負け」はありません

(3)ハンデがあるプレイヤーは、自分のグループボールを指定された個数を入れ終わった時点で8番を狙えるようになります。
   ハンデに達していない状況でグループボールと8番がダブルインした場合、8番のみフットスポットに戻してください。
   この場合、【1】(7)に該当するため、プレイヤー交代となります。


【3】ブレイク
(1)最初に1番に当てる
   → 失敗したら、プレイヤー交代(キューミスも「失敗」に含みます)
   → ラックを組みなおすか現状で続行するかは、交代したプレイヤーに選択権があります

(2)4個以上の的球がクッションに入るか、1個以上ポケットインすればセーフショット
   → 失敗したら、プレイヤー交代
   → ラックを組みなおすか現状で続行するかは、交代したプレイヤーに選択権があります

(3)ブレイクエースは有効
   → ファールした場合は、8番をフットスポットに戻す。

(4)ブレイク時に的玉場外があった場合
   → 手玉がセーフでブレイクインありの時は、プレー続行
   → 手玉がセーフでブレイクインなしの時は、プレイヤー交代
   → 場外した的球はテーブル上に戻さない(場外した8番はフットスポットに戻す)


【4】自分のグループボール(ローボール、ハイボール)の決定
(1)グループボールは、ブレイク終了後に「セーフショットで、同じグループボールの的球を入れる事」によって決定します。

(2)最初のセーフショットで入ったグループボールが、ショットしたプレイヤーのグループボールになり相手プレイヤーは反対のグループボールとなります。

   ※ブレイク時にポケットした球があっても、グループボールは決定しません
   ※ブレイク直後は、ローボール・ハイボールどちらでも狙うことができます
   ※下記の場合も、グループボールは決定しません
    @最初にローボールに当て、ローボール以外の球のみが入る
    A最初にハイボールに当て、ハイボール以外の球のみが入る
    (@Aとも、現状でプレイヤー交代。8番がポケットインもしくは場外した場合はフットスポットに戻す。的球はテーブル上に戻さない)
   ※最初に8番に当てたらファールです(・∀・)


【5】プレー続行(セーフプレー)
(1)手球が最初に自分のグループボールに当たり、自分のグループボールがポケットに入ったとき
(2)ブレイク時に的玉場外があった場合で、手玉がセーフ・ブレイクインありのとき
   → 場外した的球はテーブル上に戻さない
   → 場外した8番はフットスポットに戻す
(3)同時ポケットイン
   自分のグループボール+相手のグループボール → ポケットされた球はテーブル上に戻さず続行


【6】プレイヤー交代
<セーフプレーで現状交代>
(1)手球が最初に自分のグループボールに当たり、自分のグループボールがポケットに入らない
(2)ブレイク時に的玉場外があった場合で、手玉がセーフ・ブレイクインなしのとき。
   → 場外した的球はテーブル上に戻さない。場外した8番はフットスポットに戻す
(3)グループボール未決定時、最初にローボールに当て、ハイボールが入る
(4)グループボール未決定時、最初にハイボールに当て、ローボールが入る
(5)グループボール決定後に、最初に自分のグループボールに当たり、相手のグループボールまたは8番が入る
(6)同時ポケットイン
   自分のグループボール+8番ノーコール・イン → 8番をフットスポットに戻してプレイヤー交代
(7)コールが必要な際の、ノーコールショット
   → ポケットする場所やセーフティ等を指定せずにショットすること
(8)コールショット時の、ノーコール・イン
   → 指定したポケットと違うポケットに入ることや、セーフティコール時のポケットイン

 ※(2)〜(8)の場合にポケットインされた球のうち、8番以外の的球はテーブル上に戻さない

<ファールで交代>
(1)スクラッチ
(2)ノークッション
(3)ノータッチ
   a.グループボール未決定時、どの球にも当たらない
   b.グループボール未決定時、最初に8番に当たる
   c.グループボール決定後に、最初に自分のグループボールに当たらない
   d.8番を残すのみとなった場合に、最初に8番に当たらない
(4)球触り(動かしたら動かしっぱなしです。)
(5)手球場外
(6)的球場外
   → ブレイク時のみセーフ
(7)二度撞き
   →手球・的球の距離がチョーク1個以内の場合、「ダブルヒット」コールをしたときのみ、ダブルヒットあり

<ファール時の対処>
(1)手球フリーボールで開始
   → 完全フリーボール
   → 台上のどこからでもショット可能
(2)ポケットインされた(場外した)的球は、8番のみフットスポットに戻す


【7】手詰まり時
両プレイヤーが3ファールをするしかない「手詰まり」の状況に陥った場合、8番をフットスポットに戻し、フリーボールから続行することとします。
○例1

8番が穴前にあり、それぞれのグループボールが8番に密着している場合


○例2

それぞれのグループボールが穴前にあり、8番が密着している場合

※その他判断に迷った場合は、運営または本部までお申し出ください。